<< 今回のチクスキ特集「奥様1,000人白書」ってぶっちゃけた話どうだったの? | main | 一部のゲームってやっぱり犯罪に繋がる?そしてそれらの規制ってほんとに必要? >>
光市母子殺害事件における被告への死刑判決について
1999年山口県光市、会社員本村洋さん(32)の妻子が殺害された事件で、殺人や強姦致死などの罪に問われた元少年(27)の差し戻し控訴審が行われ、広島高裁は22日、1審の求刑通り死刑の判決を言い渡した。犯行時18歳1カ月の被告に死刑を適用するかが焦点だったが、楢崎康英裁判長は2人への殺意を認めた上で「死刑を回避すべき理由にはならない」と指摘。楢崎裁判長は主文を後回しにし、殺意を否定した差し戻し審での元少年の新供述について「事実と違うのなら、起訴後6年半にわたり黙っていたのは不自然で不合理だ」と理由を述べた。その上で「甘えたいと抱きついた。想定外の反撃に無我夢中で首を押さえた」「泣きやんでほしい一心でひもで緩くしばった」とする妻子殺害の弁護側の主張について「変遷があり、信用できない。死体所見とも整合しない」などとして退け、乱暴目的でアパートの部屋を訪問して回っていたことも認定した。さらに、殺害まで計画していなかったことや、犯行時の年齢について検討し、いずれも死刑回避の理由にはならないと結論付け、1審判決を破棄。2006年6月の最高裁判決に沿った形となった。



殺人者を死刑にて裁く。あえて誤解を恐れずに言えば、“人を殺したこと”を“人を殺して解決させる”ということだと思う。この判決から私たちは何を感じとればいいのか?「死刑になりたくないから犯罪は犯さないでおこう」なのか?「正義は勝つ」なのか?犯行時は18歳だった少年も、今では27才の大人となった。一般的には、社会に出て働き税金を納め、家庭を築いているかもしれない年齢。
彼に更生する可能性はなかったのだろうか?果たしてこの事件は、元少年を死刑にするという判決で良いのだろうか?もしあなたの最愛の人が誰かの手によって殺されたら、あなたも死刑を望むだろうか?あなたの意見を聞かせて下さい。
【2008.05.10 Saturday 00:40】 author : chikuski*
| - | comments(22) | trackbacks(0) |



この記事に関するコメント
この件に関しては賛成です。彼が未成年だったとしても、余りにも残酷です。何よりご主人の判決までの1人で闘った行動に評価が集まった結果じゃないでしょうか?
彼は世論と司法と闘いました。挫けて折れるのが簡単なのに…それは、審判と関係ないことでしょうか?弁護士団もあれだけ人数がいて、彼にまともな判断を未だにさせることは出来てないのは、言葉を見ていてもわかります。
全てこの懸案にあてはまりませんが、被害者ならば殺人じゃなくても綺麗事で済ますことは無理だと思います。本当に更生できる加害者ならば、こういった件の時暫くは保護観察を付け、被害者に定期的に状況がわかるように法が変わって欲しいです。
難しい問題ですね…
| にしちゃん | 2008/05/10 6:27 AM |

記事内容がやわらかすぎてません?

死刑廃止論者にいいように使われた加害者

無期懲役を言い渡されたときは被害者家族にガッツポーズをみせたが最終的に死刑になった加害者

シカン(あえて漢字にしません)は蘇生の儀式だのなんだの言った弁護団

今まで時間をかける必要があったのかが一番の疑問


そういや死刑確定後、本村さんに『死刑のハードルが…』って質問したの朝日の記者ですよね


で、その朝日の折込に入るチクスキにこの内容


知ってる人は胸糞悪いですよ


この事件は風化はさせてはならないが議論することではないでしょうね
| | 2008/05/10 4:24 PM |

上の名無しさん、
ガッツポーズしたのって弁護士じゃなかった?最終的にって書いてるけど弁護団は最高裁に上告したよね?

何が言いたいのかよくわかんないし、最後に「議論することではない」って言うのならはじめから書き込むなよ。
あと、チクスキが朝日新聞に折り込まれてることと、記者の質問とか関係なくね?
胸糞悪い気分にさせてるのはあなたですよ。
| テラ | 2008/05/10 5:52 PM |


少年の犯した罪は死をもって償っても償いきれぬほど冷酷なものですよ。

犯行時 18歳だった 今では 27歳

何も 変わってないですよ。

まっとうな 人としての 心・。。
相手を思いやる気持ちが 少なからずとも ほんの カケラでも あるならば こういう事は 出来なかったでしょう。

最愛の人が 誰かによって 殺されたら・・・

当然 死刑を 望みます。

そんな 死刑は 望みません
更生して 世の中に 貢献してほしいなんて

思えるほど 心も 広くない

こういう事件を 防ぐためにも 死刑は 必要です。
| teru | 2008/05/11 8:10 AM |

良いんじゃないですか?

人を殺せば自分も殺される…

自分だけ殴りたいだけ殴ったり出来ないでしょ…

殴れば殴られる…


自分が遺族なら逆に不起訴にしてもらって自分で殺すと思いますよ…

犯人がやった殺人方法を本人で忠実に再現したらいいんやないですかね…


何故、あんな弁護団がついてるのが理解出来ない…
| ささぐり | 2008/05/13 7:21 AM |

こんにちは、チクスキスタッフのムラカミです。
今月のテーマの提案・発言者です。

わたしの超個人的意見を書き込みさせてもらいます。


わたしは死刑は反対派です。

“社会に不必要な人は殺してしまってなかったことに”
そんな風に感じます。
何の解決にもなってないなぁーと。

“人殺しはダメだ!ということを、人を殺して(死刑)分からせる”
説得力ないなぁーと。

みなさんを不快にさせる意見かもしれませんが、
わたしの素直な意見です。


■名無しさん
ご意見ありがとうございます。
確かにやわらかすぎたかもしれません。
大した知識も無くこの記事に意見を書いてしまった結果だと反省しています。
勉強不足でした。


でも、さいごにひとつ。

わたしはチクスキスタッフです。
チクスキは朝日新聞に折り込みをさせてもらっています。
だから何でしょうか?

組織に属していない人間なんてごく僅か。
組織を意識して、
自分の意見を殺す必要はないと思っています。

んー、伝わりづらいですよね?
すみません!
ちゃんと思いがまとまったら
またコメントします!

| ムラカミ | 2008/05/14 2:11 AM |

判決については、現行法の下では妥当な判決だと思います。

当時の社会背景として、『オヤジ狩り』など、少年による傍若無人な犯罪が多かった頃と記憶してます。
この判決で『例え少年であっても死刑』という、死刑による犯罪抑止効果は一般的にあると思われます(しかし、自殺希望者が道連れに無差別殺人を行なう場合などは、抑止効果は低いと思われます)。
しかし…

本村さんが判決後に『この事件で3人の命が奪われることになった』という旨の発言をされてます。
奥さん、子供さん、そして加害者の元少年の命です。
本村さんは『この事件がもう一度死刑について考えるきっかけになって欲しい』旨の発言をされてあったと思います。

また、死刑を執行する刑務官の気持ちも考慮してみて下さい。Wikiで『死刑』の項目に詳しく載ってますが、処刑当日まで本人はおろか執行する刑務官にも伝えられないそうです。そして、執行した手当が2万円、執行した当日に現金で支給されるそうです。
いくら仕事とはいえ、とても辛いだろうと思います。

私の考えの結論としては、死刑自体は反対です。抑止効果を期待するなら『終身刑』が最も効果的だと考えます。
死刑制度が残っているのは、遺族感情に考慮してるからではないでしょうか?
もし、そうだとすれば処刑の際、ボタンを押すのは遺族がすればいいのでは?
また、冤罪だった場合は死刑が執行されると取り返しがつかなくなりますよね。

もし、私の家族が被害者だった場合、死刑は望みません。
死刑で終わるのではなく、一生刑務所の中で悔い改める人生は、ある意味死刑より辛いものがあるのでは?
| たー | 2008/05/14 8:02 PM |

黙って聞いてたけどよ、…おっと黙るの長すぎとかはナシだぜ。
みんなやっぱ色々意見持ってんだな。なんか嬉しくなってきたぜ。
俺が一杯おごってやっから好きなの頼みな。

俺、死刑にはどっちかってと賛成だな。
正確には「賛成」ってよりも「無くせない」が合ってんな。

人を殺してんだから捕まればそりゃそれなりの覚悟しねえとな。
被害者にとっちゃ、キレイ事では済まされねえだろやっぱ。

そして殺すのも人間、殺されるのも人間、
殺した人間が「死に値する人間」なのか裁くのもまた人間。
そりゃ何が正解なんか見つからねえよな


だって人間なんかよ、自分の都合で自分家みたいなもんの地球をボコボコにするような「動物」だぜ。

だからこそ冤罪とか人権とか倫理のことも忘れちゃいけねえな。
常に考え悩んでもらわねえとな。

どんだけ書いてもまとまらねえな。でもとりあえずまとめるぜ。
終わりのないジレンマを抱えながらも死刑は続く。
そして廃止論も賛成論も無くならねえし、
どっちも無くしちゃいけねえ。

その議論が無くなった時こそ
死刑に賛成・反対以前にある意味ヤベえと思うぜ。




今夜は長くなりそうだな。氷は多めに砕いておかねえと。

それとよ、店に入ったら自分の名前くらい名乗ろうぜ。
俺がすげえ人見知りすることぐらい知ってんだろ?
話しかけづれえじゃねえか。頼んだぜ。
| マスター | 2008/05/14 10:10 PM |

この少年には最高の刑を罰させたいですね。(そるが死刑かどうかは別として)それくらいの犯罪を犯しています。未成年であろうが関係ないです。18歳なら人が死ぬということぐらい理解しているはずです。殺してから、罪を償うなんて遅いですね。死んだ人は帰ってきませんから… 死刑はありかな本村さんが望むなら。

しかし、たーさんが言うように死刑以上に一生刑務所のほうが残酷かも知れません。しかし無期懲役になっても釈放される場合もあるから甘いなと思う。極悪犯罪、死刑に相当する者には相当厳しい務所生活すべきやと思います。

犯罪の無い世界を祈る番長でした。
| ポジ番 | 2008/05/14 11:23 PM |

みなさん、いらっしゃい。
常連さんも新顔さんも、来てくれて嬉しいわ!

そうね、死刑…。

うん、ママはね、
もしもマスターや息子が誰かに殺されたら
わたしは死刑を望むと思うのよ。

でもね、犯人が死刑になったあとに
「あー、スッキリした!」
なんてことにもならないと思うの。

たぶん、
大切な人を殺されたっていう悲しみにプラスして、
それとは違う感情が重くのしかかって
もっともっと辛くなるんじゃないかしら?


ポジ番ちゃんが言うように、
犯罪の無い世界がくるといいわね。
| ママ | 2008/05/15 12:54 PM |

再犯率0%にできない限り「更正」なんて言葉は詭弁に聞こえるのよね。
刑期なんて「更正させるための教育期間」じゃないでしょ?
ただ処罰を受けるためだけの期間だと私は思ってるけどね。
死刑に反対か賛成か?
この事件を引き合いに出して語ること自体、本村さんに大変失礼な話。
弁護団が「死刑廃止論者」だったから本村さんが「死刑存置論者」のように言われただけ。
彼は法の元での「極刑」を望んだだけ。
それが日本では「死刑」だっただけで仮に無期懲役が最高刑だったら「無期懲役」を望むと彼は言っている。

で、質問の答えは正直どちらでもない。
実際に当事者になってみないと絶対にわからないことだから。
想像で語れるようなことじゃない。
ただ自分の愛する人が殺されたら裁判とかの前に普通に殺しにいくと思う。
法治国家もクソもない。感情の赴くまま。
おそらく半分以上はこの感情を抱くと思うよ。

例えは悪いけど大事な大事な車をぶつけられて冷静に「以後、同じようなことを起こさないように気をつけてくださいよ」と言える人どれだけいますかね?
やはりまず文句の一つでも言うでしょ。
車はまだ修理したり買い換えたりできるけど人は死ぬと絶対に戻ってこない。
それを感情を抑えて裁判なんて絶対にムリ。
| ザル | 2008/05/16 5:34 PM |

私は、人を殺したら、自分の命で償うべきだと考えてます。なぜ、殺した人間の人権があるのかわかりません。殺された人の未来はないのに、殺した人間の未来を考えているなんて…殺された人を軽率に扱いすぎです。
弁護士の人にもヘドがでます。正義ってなんですか?
| ドアラ | 2008/05/19 8:57 PM |

>ポジ番
いらっしゃい。今日も仕事帰りか?
まぁゆっくりしてってよ。

死ぬより辛いことってあるかもな。
確かに終身刑って誰も死なねえけど
ほんとにそれでいいのか?ってのもあるよな。
更正や矯正って見方から言ったら
更正の余地がちょっとでもあるから死刑じゃねえんだろ?
更正の余地がもう無えから死刑なんだろ?
じゃあ終身刑って何なんだろうな。
そうなると俺は終身刑はいらねえ派だな。
だって殺しはしねえけど結局は「生殺し」だろ?
| マスター | 2008/05/20 11:57 PM |

>ザル

いらっしゃい。見ねえ顔だな。
でも歓迎するぜ、ゆっくりしてってよ。

まぁ本村さんが望む望まないは本人に直接聞いてみねえと
分かんねえけど、俺はたとえ引き合いであっても、考えるいい「きっかけ」になってると思うぜ。
ザルもそう思わねえか?

そしてまぁ賛成か反対かとだけ聞かれると
実際ザルの意見が本音かもな。
正直、他人が殺されるのと身内が殺されるのとでは
その感じ方は、絶対に「違う」と思うんだよな。
これはどっちが重い軽いとかじゃなくて
単純に「違う」ものなんだよな。

でもよ、
愛する人が殺されたらザルは犯人を殺しにいくんだよな?
まぁ悪いことをしたヤツは絶対に悪いけどよ。
悪いことしなかったら犯人だって普通の人だぜ。
愛する人だっていると思うぜ。もしかしたら
今度はザルが殺されるぜ?

ザルはそれでもいいって言うかもしれねえけど
ここはあんただけの世界じゃねえんだ。
俺の世界でもあるんだぜ。
俺はそんな殺し殺されの世界はごめんだね。
でもここはザルの世界であり俺の世界。
お互い尊重し合わねえとな。
そうなってくっとやっぱそこには法律ってルールが
必要なんじゃねえのか?

まぁロクでもねえ法律もあるし、
法律なんてムズカシイ言葉ばっかりで
俺もよく分かってねえけどよ、
法治国家って俺は結構いい出来だと思ってるぜ。

おっと熱く語っちまったな。
ザルのグラス空いてるぜ? 同じのでいいか?

ニュースで事件や事故の被害者の遺族が言うじゃねえか

「このような悲惨なことはこれで最後にして欲しい」

死んだ人が戻ってこねえのは、もうどうにもできない。
じゃあその次に出来ることって何なんだろうな。
| マスター | 2008/05/21 12:39 AM |

死刑でも足りないと思います。もし我が子だったら…考えるだけで恐ろしいです。どんな生い立ちだろうが 事情だろうが死刑です
| chee's | 2008/05/29 7:15 PM |

昨日、有名な死刑囚が死刑執行されたね。
ムラカミさんはやっぱりおかしいと思うのかな?
ムラカミさんの問題提起は「最愛の人が殺されたら」だったから俺は「法治国家を無視して殺しにいく」と言ったけど客観的に死刑制度を考えると俺は必要だと思うよ。
そもそも刑罰を「見せしめ」と捉えてる時点で解釈を間違ってないかな。
それなら公開処刑するはず。
法治国家として治安に影響を与える、国民生活に不安を与えたことへの「罰」なのに。
加害者の親族はプライバシーが守られて被害者のプライバシーは侵害されてる。
こんな背景があるから俺は「殺しに行く」という結論になったと思うのよね。「殺した者勝ち」な風潮が今の世の中にある。
それをさらに後押しするのが「死刑廃止論」だと俺は思うわけ。
片やこれからの人生を身勝手な感情等により奪われ、片や命の尊厳だと税金等によってのうのうと生かされてる。
この不公平感を解消できる、死刑に代わる刑罰があれば死刑を廃止しても異議はないよ。
絶対的終身刑なんて俺らの税金で生かすんだから正直迷惑な方法。
体1つで国民に還元できるやり方が理想だね、走って発電するのが仕事で終身刑とか。
| ザル | 2008/06/18 10:44 AM |

ザルさんこんにちは。
そうですね、死刑執行されましたね。
どうでしょうか?
死刑執行されて何か解決したのでしょうか?
その死刑囚は、最後まで事件への反省や遺族への謝罪の気持ちを表さなかったそうです。
死んでしまったので、
もう二度と謝罪の気持ちを聞くことすらできません。

わたしは処罰は受けて当たり前だとは思いますが
その処罰が死刑でなくて良かったと思います。




死刑執行された後、
その後に残された人達がどう変わっていけるか。
それで死刑執行が必要だったか分かるかもしれませんね。



そして、「見せしめ」ですが、
漢字通りに解釈すれば
公開処刑でしょう。

ですが、
見せることより
想像させることのほうが
怖いことがあります。
人間は想像力豊かです。
| ムラカミ | 2008/06/18 12:28 PM |

ムラカミさん こんにちは

>死刑執行されて何か解決したのでしょうか?

死刑執行にどんな問題提起がされていたのでしょうか?
命の尊厳ですか?
見せしめですか?
被害者親族の満足度についてですか?
私には死刑であろうと懲役刑であろうと1つの刑が執行された、ただそれだけです。
そこに何も問題意識はありません。
あんな事件が二度と起こらないことを願うだけです。

私は死刑存置派です。
人命を奪った者に人権はないと考えています。
だから大義名分があろうとも戦争はやってはいけないんだと思います。


>死刑執行された後、
>その後に残された人達がどう変わっていけるか。
>それで死刑執行が必要だったか分かるかもしれませんね。

この文章だと9割以上の被害者が死刑執行されて満足すればムラカミさんも必要だと思うと解釈してしまいますよ。

ムラカミさんは死刑は不必要だと言っているようですがなぜ不必要なのかが不明確です。
私は単純に生きる資格を奪った人間に生きる資格がないと考えるから死刑存置派なんです。
見せしめとかそんなんじゃないんです。人生を奪ったから人生が与えられないんです。
| ザル | 2008/06/18 6:29 PM |

ザルさん、こんばんは。
たびたびありがとうございます。

そうですね。
わたしは、
どんな理由があっても
どんな悪い人であっても
人が人を殺すことは嫌なんです。


とても単純な思いです。


法律の下でも、
人を殺せば
立派な殺人です。


難しいことは分かりません。
ごめんなさい、それだけです!


| ムラカミ | 2008/06/18 8:43 PM |

こんにちは

>法律の下でも、
>人が人を殺すことは嫌なんです。


不明確だった部分がこの文でよくわかりました。
この言葉がなかったので法律論で語っているのか感情論で語っているのか社会論で語っているのかがわかりませんでした。
| ザル | 2008/06/19 2:43 PM |

こんばんわ、みなさん。

徒然に投稿しています。気分を害してしまったら、申し訳ありません。

死刑が良いか、悪いかは極論過ぎてさまざまな意見があって当然だと思います。
死刑をなくそうとする動きであったり、死刑は抑止力として必要だと考える意見さまざまです。

正解はありません。唯一つだけ、変わらない事は・・・変らない事というよりは現状としては死刑は存在していて、現在でも執行されていることです。

私は、死刑は賛成ではありませんが。加害者がしたことを同じように加害者にしてみてはどうかと思います。非常に残酷な結果となるかもしれませんが。死刑よりもつらいかもしれませんね。ハムラビ法典ではありませんが、されたものの痛みもされたときに実感できるかもしれません。

ただ、誰も加害者がしたように代わりにしてくれる人がいないとはおもいますが。生きる辛さを味わったらいいのでは。。

また、また、極論すぎですね。正直なところ本音はこんな感じですね。

では違った側面からみてみて、死刑を実施しまくり抑止力として見せしめを含めて実施した場合。死刑の重さの問題がでてきます。

どんな犯罪に対して死刑を執行するのか?法曹については詳しくないので、わかりませんが。最高裁判所の裁判官が現在では裁いている。結論を下すわけです。もちろん裁判官も人間。
色々な事柄について、さまざまな角度から検証されているとおもいますが、所詮は人間が判断を下すわけですから、結論は死刑にするか無期懲役になるかそのほかの懲罰が下されるわけです。

死刑の基準が甘くなり、温情が出てしまうときっと死刑の重さが変化してしまいます。裁判員制度が実際に動き出すと、今議論しているような内容が公の場で討論されることになります。
もちろん、参加しているのは一般人なので、他の意見に左右される方も出てくるはずです。

極論の方もいらっしゃる。むずかしいですね。
仮に死刑判決肯定はの人が毎回裁いてしまえば死刑が増えるでしょう。死刑の重みも変化してしまいます。

仮に、死刑が多くなれば。。。むごいと思われる事件では死刑にしなければならない風潮が主流になるでしょう。
すべての惨たらしい事件の犯罪者を死刑にするのであれば人間ほとんどの人が死刑になるのではと考えます。

心の中には少なからず、闇の部分があって悪いことも考えてしまうのが人間なのではないでしょうか?きれいごとですが、
肉を切れば人間ですから、同じ血が出てきます。間違いなく「赤い血」です。そこで「緑の血」なら、安心して殺せるでしょうが同じ人間なんですよ。

人間が人間として生活してきた長い歴史の中で繰り返されてきた惨劇のすべてを死刑で解決したところで、心の闇は繰り返しでてくるでしょう。一部では抑止力として死刑は意味のあるものかもしれませんが。死を望んで犯罪を犯す人もいることと思います。捨て身になれば何でもできるからですね。

私自身。もし最愛の人が最悪の事件に巻き込まれれば私自身の手で同じようにしたいと思うことでしょうが。きっと、空しさしかのこらず、死者は帰らないことに気づくはずです。その時の喪失感の方が最高に恐怖を感じます。

私の意見としては、死刑は反対ですが。被害者になれば死刑を望んでしまうのはないかと思います。弱い人間です。でも、最後の最後では死刑を実施しても空しい結果になると思います。
生きる辛さを味わってほしいと思う私がいますが、感じない人間は人間じゃないと感じてしまうんでしょうね。

平和な世界が一番です。殺さなくても人間そのうち必ず、死にます。加害者が死ぬ前に、死ぬのが怖いと思うと少しは慰めになるんでしょうか。。。

死んだ人は生き返らない。それだけは変らないけど、生きているといろいろなことを考えてしまう。被害者は非常に辛いことだろうと思います。心中を察しても、察しきれない苦しみがあることだろうと。

どんな加害者も、人間の子、親がいて子ができる。両親も童考えるのでしょうか。わかりません。ニュースで加害者の両親の話は出てこないですから。

自分の子が加害者にならないでほしいと思いますし、被害者にもなりたいとは思わないですね。死刑を執行する看守になるのも嫌ですし。

何が言いたいのかわかりませんが、平和が一番ですね。
| しがないサラリーマン | 2008/06/19 11:55 PM |

しがないサラリーマンさん、いらっしゃいませ。
マスター&ママは別室の
「一部のゲームってやっぱり犯罪に繋がる?
そしてそれらの規制ってほんとに必要?」
に出勤してますので、お客のわたしが代わりに!


誰かが気分を害することを考えていたら、
なにも意見が出せなくなってしまいます。
矛盾している方が人間らしく、素直だと感じます。
投稿ありがとうございます!

最近のニュースで話題になっている秋葉原の事件、
加害者のお父さんがTVに出ていましたね。
とても焦燥している感じでした。
お父さんが謝罪をしていました。
お母さんは後ろで泣き崩れているようでした。

もしも、加害者の彼が
もしも、死刑になるとしたら。

おとうさんや
おかあさんは
もっともっと哀しいだろうと思うのです。
※不謹慎ですね、すみません。もしもの話です。


被害者の身内になれば死刑を望み、
加害者の身内になれば死刑廃止を望むのかもしれませんね。


んー。
難しいです。
| ムラカミ | 2008/06/20 12:25 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chikuski.net/trackback/11
トラックバック