<< 携帯電話、今や小学6年生の4割は所持。今の子ども達にとって、ケータイはもはや必需品? | main | フリーペーパー業界にも戦国時代が到来! これからのフリーペーパーに必要なものと、その行方は? >>
「笑顔の爆走娘」 「世界最速の受付嬢」 「エチオピアのゴッド姉ちゃん」テレビ局が選手に付けるニックネームって必要なの?
「人類最速の男たちを生で見られる、地球に生まれて、ヨカッター!!」
司会の織田裕二が一番目立ってるって?あながちそれも間違いでない、世界陸上。
ボルトの圧倒的な速さが印象的だった2009ベルリン大会では日本人選手の健闘も光りました。
そんな今大会で、中継を見ていて“ある違和感”を感じた方がいるかも知れません。
「今回はあのニックネーム無いの?」「意味分からないよ」 「選手をバカにしてるのか?」 そう言われても仕方のない、あまりに現実離れしたそのセンス。
「神戸☆絶好調男」 「さつま速人」 「追い込み白虎隊」「ムッシュ独占禁止」「弾丸ママはパリジェンヌ」 「草原の黄金狩人」「王国の幅跳び番長」 などなど…。
あまりの好き勝手ぶりに、ついに陸上連盟から自粛の要請を受け、
今大会はニックネームが使われませんでした。
この“ニックネーム付け”は陸上に限らず、サッカーやバレーはお馴染みで、F1や水泳にプロレスでも多く見られます。親しみやすいキャッチコピーは、結果が求められるプロスポーツ選手にとって、必要だと思いますか?
【2009.09.10 Thursday 17:55】 author : chikuski*
| - | comments(2) | trackbacks(0) |



この記事に関するコメント
テレビ局の自己満足だからいいんじゃない?
テレビ局に対して「馬鹿だなぁこいつら」としか思わんし。
そもそもキャッチコピーってのは認知度を高めるために後援会とか私設応援団・公式応援団がつけるもんでしょ。
それか実力に伴ってファンが言い始めたとか。
テレビとか新聞が煽って付けるもんじゃないとは思うね。

それよりバレーのジャニタレかなんかが歌ったり踊ったりするのは邪魔なんでやめてほしい。
あと過剰な演出の選手紹介。
基本的にアスリートとタレントをセットでテレビに出すな、と思う。
| ザル | 2009/10/02 3:49 PM |

>ザルさん
そうですね、元々選手が認められて、そして自然とファンがそう呼ぶものですよね。
それか、アナウンサーが呼んだそれがそのまま定着したり。

バレーに関しては、同意します。
若年層を惹きつけたい気持ちは分かりますが、手段が違うような気がします。
その人たちはタレントが出ればバレーを見るでしょうが、出ていなければ見ないでしょう。
タレントを窓口にするだけでなく、本当にバレーが楽しめる番組づくりをしているかといえば、そうではないような気がします。

これも視聴率至上主義の悪しき傾向でしょうね。
| マスター代理 | 2009/10/09 11:19 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chikuski.net/trackback/29
トラックバック