タバコのポイ捨て
 車の運転中、街を歩いている時、イヤなほど目に付くタバコのポイ捨て。タバコの吸い殻は路上に捨てる物だと当然のように思っている輩達。なぜ捨てられるのか?憤りをおぼえるその光景、どうやったらなくなるのか?
 いまや、喫煙者を取り巻く環境は以前のものとは比べようにないほど肩身の狭いものになってます。一部の都市では路上でも禁煙エリアがあるほど。でもですよ、そんな現状へと導いていったのは、彼ら喫煙者達の悪質なマナーです。主流煙、副流煙の影響とかの話だけではないはずです。その荒れ果てたマナーのせいで『喫煙者=悪者』の図式が成立していると思いませんか?
 結局「マナー向上、ポイ捨て禁止」なんていくら訴えても無駄なんです。届かないんです、ヤツらの耳には。自分たちに被害がないから。なら、与えるしかない。法の下、実刑でも罰金でもなにかしら、捨てれば違法になるという現実を突きつけるしかない。そうでしょ?ねぇマスター。
【2007.08.08 Wednesday 13:11】 author : chikuski*
| - | comments(9) | trackbacks(0) |