3の倍数で学級崩壊?お笑い芸人を真似したがる子ども達
3の倍数と3がつく数字の時だけアホに。このネタで一躍ブレークしたお笑い芸人の「世界のナベアツ」。ところが人気の急上昇と比例するように、教育現場から悲鳴が上がり始めている。
埼玉県のとある公立小学校で2年生のクラスを受け持つ女性教員(35)が疲れ切った表情でこう語る。
「国語の授業で教科書を朗読させると、数字が出てくるたびに子どもたちが“アホ”になる。最悪なのが算数の時間です」。
小学校低学年では“倍数”の概念がないため、1から100までどの数字でも全部アホ。算数はまったく授業にならないというのだ。
「単純な芸は子どもがすぐ真似をする。ちょっと前は小島よしお。何か注意されても“そんなの関係ねえ!”と口ごたえする子どもに辟易(へきえき)しましたが、ナベアツには完全にお手上げ。クラス全員がアホになって騒いでいる授業風景を想像してください。まるで悪夢ですよ」(前出の教員)
(「日刊ゲンダイ」より抜粋)

メディアの問題、親のしつけの問題、最近の教師の問題、そして子供達。
今回のテーマ、実は昨今の色んな現象をはらんでいる予感が。
実際のところ何が原因?
あなたはこのことについてどう思いますか?
【2008.07.09 Wednesday 00:00】 author : chikuski*
| - | comments(7) | trackbacks(0) |